熊野ベアーズは東京都板橋区熊野町で活動する少年野球チームです。

✫スイングスピードを高める脇の筋肉の鍛え方

✫スイングスピードを高める脇の筋肉の鍛え方

スイングスピードを高める
 脇の筋肉の鍛え方”

について解説していきます、
よろしくお願いします!

バッティングの指導では、

「脇をもっと絞めろ!」

と言ったりしますよね?

ただ、なぜ脇を絞めることが
重要なのかについては、
知られていないように思います。

ぜひ、トレーニングの観点で

『なぜ、脇を絞めることが
 バッティングに重要なのか』

という解説もしていきますので
ぜひ、ご覧になってください。

さて、脇を絞めることの
重要性は大きく言って2つです。

~~~~~~~~~~~~~
1.スイングの始動が早くなり、
  振り遅れが少なくなる

2.バットが平行に保たれ、
  打球の弾道が上がる
~~~~~~~~~~~~~

これですね。

バットを持って
実際に確かめてみてください。

右バッターなら、
右の脇を絞めていただければ、
自然にグリップが前に出て、

スイングが始まるのが
分かっていただけると思います。

脇を鍛えることで
この速度が上がると、
スイング始動が早くなる、
というわけです。

当然、始動が早くなると
最初に勢いがつくので、

スイングスピードが上がって
単純に遠くに飛ぶ、
ということにもつながります。

そして、2つ目の
高い弾道についても
脇の動きは重要です。

インパクトの瞬間を
再現してほしいのですが、

脇があいていると、
バットを持った手は
真っ直ぐ伸びていますよね?

つまり、腕力だけで
バットを支えている状態です。

腕力が足らない小学生では
ヘッドが落ちてしまうと思います。

地面と平行にないバットでは
ボールを上に打ち上げられず、
ゴロが多くなってしまうわけです。

大根切りのようになって、
ボールを捉えることも
難しくなってきます。

反対に両脇を絞めてみると、
バットが一気に安定しませんか?

バットが平行に保ちやすく、
下からでも楽にボールを
掬い上げることが可能です。

力が入る感覚になると思いますし、
ボールも捉えやすく、
弾道も上がってきます。

どんな選手にとっても、
総合的に飛距離が伸びる

“脇を絞める動作”

は覚えておいて損はない、
と言えますね。

では、なぜ脇を絞めるだけで
ここまで力が違うのかというと…

脇を絞める動きが

『広背筋』によって、

起きているからなのです。

広背筋は背中側にあって、
私たちの身体の中でも
かなり大きい筋肉です。

腕よりも大きい筋肉を
使っているわけですから、

“背筋を使う脇を絞る動きは
 誰でも力が出しやすい”

というわけです。

さて、ここまでは、

『脇を絞る動作の利点』

についてお話してきました。

この意識を持って、
バットを振るだけでも
本当に違いますので、

ぜひ、復習もかねて、
お子さんと確かめてくださいね。

最後に、脇を絞める筋肉、
広背筋を刺激する

“脇を絞めた状態での懸垂”

をオススメしておきます。

ポイントは、

◇肩幅で鉄棒を持つこと
◇グリップは逆手にすること
◇まずは斜め懸垂から始めること

ということですね。

脇を絞めながらの動きですと、
強く刺激されますので、
意識を強く持つためにも重要です。

体重が軽いので、
小学生くらいだと懸垂をガンガン
出来る子もいるかもしれませんが、
最初は斜め懸垂で大丈夫です。

足をつけたまま、
下に潜り込むようにして、
鉄棒を握ってスタートしましょう。

注意点は鼻を近づけるようだと、
腕力が鍛えられてしまうので、

胸と鉄棒を近づけるイメージで
脇を絞める意識を持ちましょう。

30回ほど出来るようになったら
通常の懸垂にチャレンジしましょう。

これだけでも、大きな背中、
ボールを遠くまで飛ばせる身体を
作ることができますし、

『脇を絞める』感覚を覚えられるので、
身体の使い方も身に付きます。

普段からやり続ければ、
ホームランも夢ではありませんので、
ぜひ、挑戦してみてくださいね。

powered by HAIK 7.2.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional